困ったときの心の奥の手

とっておきの手段..それが人とのかかわりだと痛感しました。
自分には無理だとおもっていたことが、人との絆によって改善されるとっておきの「手」
困ったときには「奥の手」があると思っていると心強いものです。
事実、具体的な秘策という形ではなく
自分自身、人それぞれの中にあるのでしょうね。
2014年を振り返りつつ、ちょっぴりつぶやかせて頂きました。

2014年12月 ゴスペルクリスマスコンサートは
アシモくんとの共演でした。27名の仲間とおもいっきり楽しみました。

画像


画像

1. ディスリトル
2. オーハッピーデー
3. きよしこのよる
4. ハレルヤ
☆アシモ君登場
5. ウィーアーザワールド












振り返ってみるとってみると盛りだくさんの一年でした。
年明けて制作にかかった「新洋画会」出品作
どうにかこうにかおごることなくその時の自分のありのままを表現
5月上野の東京都美術館開催の公募展にて「審査員特別賞」授与
これから先そんなにいただく事もない賞は私の宝物です。
画像
                 「工場夜景」




「6月の女たち展」出品
9月には:一年前、勇気を振り絞り「ゴスペル」加入(ヤマハおとなの音楽教室)
一年目で先輩たちとともに「自主発表会」心が晴れやかに
実はこの10日まえ体調再発し悩んだ末の参加やてみたら「なんくるないさ~」





10月そして11月尊敬する伊藤七男先生のワークショップに参加
画像






画像






≪出来たものと描いたもの≫ 墨・ペン・鉛筆などを使った作品です。
第一作がとにかく面白く
別会場にて開催されたワークショップにも参加
「きれが」ばかり制作していると全く別のジャンルの絵画がとにかく新鮮。
自分の作品とは思えない








10月今年のトップニュースは25周記念
きれが×25「まどろみ展」
しあん会場ときれががとても相性ばっちりでした。
画像




五日間の会期でしたが懐かしい友人・ドキドキの初対面・生徒さんたち、家族の協力
つくずく倖せ者だと・・・・


あと数日で終わりを告げる2014年。年々加速する一年の速さ。
だからこそ何か自分らしいこと一つずつのこしたいですね。
ブログ開設間もなく9周年。年越しとともに10周年の第一歩です。
今年もお世話になりました。感謝

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

四丁目
2014年12月31日 12:29
心の奥の手は誰もが持っていると思います。
でも、使える人と上手に使えない人がいるような気がします。
誰かにふっと手を差し伸べていただけるような自分になれたら素敵でしょうね。
まだまだ未熟な私ですが、来年もよろしくお願いいたします。
四丁目さんへマザースター
2014年12月31日 16:38
四丁目さん御自身も試練の一年だった・・と受け止めています。
そんな中、心のこだわりを優しく溶かしていただき感謝ばかりでした。来年10月の誕生日には19日~22日の4人で祝いましょう・・なんてね。(2014年最後の冗談でした。)
心の奥の手育てておきます。
来年もよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック